MENU

【2024年版】VR×ビジネスのアイディア集

VR技術を活用したビジネスアイディア集です。起業や社内の新規事業、マーケティング活動等にご活用ください。

VR×講座や授業

最も可能性がある内容だと思っています。中学生、高校生向けの授業を360°映像で配信するプラットフォームや会社が出てくるでしょう。

不登校、学校に行けない環境の子向けとしても可能性がありますが、エンタメ要素を含めるのも面白いです。

例えば、人気のタレントやインフルエンサーが授業してくれるとか、アイドルと一緒に受けられるとか、授業に対するモチベーションがあがるコンテンツが今後多く出てくると予想しています。

学校の授業のみならず様々な研修において、コンテンツとして間違いなく販売できます。

VR×企業の新卒採用

採用の一環としてVRの活用がすでに行われています。

人材業界は最近特に売り手市場ですので、とにかく企業が他の企業との差別化にしのぎを削っています。その中でも、綺麗なオフィスや働く場所の雰囲気はセールスポイントになってくるでしょう。

新卒採用向けのHPや求人に、オフィス見学の360°動画を掲載し、リアルな情報で魅力を伝えている企業がすでに多くあります。

VR×スポーツ観戦

スポーツ観戦においても、VRの更なる普及が期待されています。

高価な観客席に設置された360°カメラから、リアルなライブ配信を行えるようになると、そのチケットは高額でもニーズがあるでしょう。

しかしながら、VR映像は画質の高いものだと8K程度のものもあり、なかなか5Gの電波環境だと難しいものもあるでしょう。しかしそこはソフトバンクさんなどぜひ頑張ってほしいです。

スポーツ観戦以外でも、音楽イベントといったイベントではVRとの相性はいいですね。

VR×旅行

観光・旅行とVRの相性は抜群です。

VRを利用した旅行体験は、「バーチャル旅行/ツーリズム」とも呼ばれ、遠隔地を実際に訪れることなく世界各地の名所や新しい場所を探索することを可能にします。

しかしながら、まだ日本国内の360°映像は多くなく、これから自治体や旅行会社が多く参入し、ユーザーは自宅にいながらにして、世界の街並みや絶景を楽しむことができるようになるでしょう。詳しくはこちらの記事でもご覧ください。

VR×旅行ホテル

マーケティング、宣伝の手法としてのVR活用です。

ホテルや旅館といった、空間と体験にお金を支払うサービスについては、VRの相性がいいでしょう。特に1泊2万円を超えるような宿泊施設では、部屋の広さ綺麗さ、あるいは食事の豪華さなどが差別化のポイントになってきます。

今ではプロモーションビデオなどでPRするのは当たり前の時代になっていますが、今後はVRのプロモーション映像を制作し、SNSにアップする時代がくるでしょう。

どれだけ具体的な消費イメージを顧客に持たせることができるかが重要です。

番外編:もうすでに活用されている業界

VR×ゲーム

VRゴーグルを購入する方の多くは、ゲームが目的なのではないでしょうか。今だVRで大人気というゲームはありませんが、今後日本のゲーム業界の企業が本格的に参入してきた場合、市場は一気に活性化するでしょう。マリオの世界やポケモンの世界が身近に感じられるのも近い未来かもしれません。

VR×不動産

高単価で商品価格が非常に高い不動産業界では、VRの活用が進んでいます。住むにしても投資用にしても、マンションやアパートの内観を360°閲覧できれば、より購入に繋がる可能性が高くなります。

VR×アダルト

男性のみなさんであればもうお分かりかと思います。間違いなく現状VRの認知度を一番高めてくれているのはアダルト業界でしょう。VRの技術がここから広がってくれるといいですね。


まとめ

ということでVR×○○○についてまとめてみました。途中で力尽きてしまいましたが、これ以外にもアイディアは湧いてきます。

弊社は360°カメラを用いて、VR映像のコンテンツを制作している会社です。皆様がお持ちのとっておきのVRビジネスがありましたら、ぜひ技術的なサポートをさせていただきますので、ご一緒できますと幸いです。

ご相談お待ちしてます!